恩師からの電話・2

ACT BLOG

昨日のブログの続きです。

でも、毎日休まず仕事を続けているうちに、素晴らしい仲間に会いました。小さなころから一緒に育った従弟の中野。「梶くんと一緒に働きたい」と声をかけてくれた宇佐美。僕より年上で、頼りになる兄貴分見延。車移動やサポートをしてくれる猪狩、中山。

いつも現場を完璧に収めてくれる竹内さん。ACTの仕事を一番に優先してくれる日里さん。完璧な壁を仕上げてくれる萱津君、りょうちゃん、まっつん。

今はたくさんの仲間に囲まれて、仕事ができるようになりました。素晴らしいお客様にも恵まれて、幸せだなぁ・・・この今の自分があるのは、師匠の金子さんのおかげと、いつも心の中に、金子さんのことがありました。

でも、お歳暮とお中元の時だけで、それ以外は自分からどうしても金子さんに連絡が取れないままでした。辞めてしまってごめんなさい。という気持ちがずっとあったのです。

でも、今日。金子さんが、僕に電話を下さいました。

金子さんと話をしている間、携帯を持つ手が、震えたままでした。緊張。。感謝。。お詫び。。感謝。いろいろな気持ちで胸がいっぱいで、電話を切ったあとも、手がブルブル震えていました。

・・・嬉しかった。金子さんから電話が頂けたことが めちゃくちゃ嬉しかったです。

あの時、独立するか、金子さんの元を辞めないで続けるか、僕は迷いました。 でも、決断したら、行動するしかない。だからACTだと。

そして、自分が決めた道だからこそ「梶岡を独立させて良かった」と金子さんに言っていただけるように仕事をするしかない。お客様にも、金子さんにも喜んでもらえるように。そう思って文字通り死に物狂いで、仕事をしてきたのです。

「・・押上に事務所か。すごいな・・お前もとうとう大社長か・・笑」

金子さんは、僕が押上に事務所を構えたことをとても喜んで笑ってくれました。そして僕の体を心配してくれました。

金子さんのことを思い出すと、ちょっと泣きそうになります。 今まで仕事を頑張ってきて本当によかったと思いました。

近々金子さんに食事をご馳走させて頂いて、もう一度感謝の気持ちを伝えたいです。 (想像するだけで緊張する・・)

でも、今日は本当に嬉しかった!! 頑張ってきて良かった!!


社長、梶岡でした。皆さんおやすみなさい。

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ